ガソリンを安く節約しよう

ENEOSカード

ENEOSは国内に13000箇所以上あり、国内第1位を誇るガソリンスタンドです。
圧倒的な店舗数のため容易に見つけられて、行きやすいという利点があるでしょう。

ガソリン代を安く入れることができるENEOSカードは、初年度の年会費は発生しませんが、翌年度からの本人会員は税込1,312円の年会費が取られます。
ENEOSカードにはVISAとJCBのブランドが存在し、好みに応じて選択することができます。
ENEOSカードはたくさん使うほど割引率が大きくなるカードで、ガソリンだったり軽油の割引率が最大で7円/L引きになります。

ひと月のカード利用額が1万円未満の場合は1円/Lの値引きですが、7万円以上の利用がある場合には7円/L引きという大きい割引率が受けられます。
買い物の際は頻繁にカードを利用するという人は、ENEOSカードを作っていると安くガソリンを入れることができるのでおすすめです。
ENEOSカードはガソリン代を安くさせるだけでなく、きちんとしたロードサービスがついたカードです。

レッカー移動は10kmまで支払う必要なし、30分以内の路上における修理代も無料なので、不測の事態の備えとして利用できるカードです。
複数の会社からガソリンカードが出ているので、おおむねどのカードを作ればいいのか困ってしまうでしょう。
ですが、カードによって特色や特典は異なるので、日頃の自分の生活にどれが良いのか、どのような付帯サービスが欲しいかといった観点から考えるといいでしょう。