ガソリンを安く節約しよう

提携カードで安くする

シナジーJCBカードは、ガソリンを安くカットすることが実現できるカードです。ゼネラル、モービル、エッソの国内各地に5500箇所くらい構えられているシナジーカードの加盟サービスステーションで使用することが可能です。

初年度の年会費が発生しないカードですが、次の年から年会費として2,100円が要ります。ただ、クレジットカードの利用額が年間で税込252,000円以上にのぼったら、翌年以降も年会費もかからない特典が受けられます。

対象はガソリン給油だけでなく、ショッピングや食事の利用も加味されるので2年目以降の年会費無料もクリアしやすい条件でしょう。シナジーJCBカードを利用してガソリンを補給すると、割引は加盟SSでの利用した金額によって決められ何もしなくても値引きされます。

今であれば、新規入会1ヶ月キャンペーンという名目で、入会した後1ヶ月間は上限100Lで7円/Lの割引を受けることが可能となるので、ガソリンがかなり安くなります。

JCB加盟のエッソ、ゼネラル、モービルのSS以外の店舗で使った前月のショッピング合計金額に従って当月のガソリン割引額がどれくらいになるのか決まります。

1万円未満の場合は1円/L、1万円〜2万円未満の場合は2円/L、2万円〜5万円場合は3円/L、5万円〜7万円未満の場合は5円/L、7万円以上利用すると7円/Lも安くガソリンを詰めることができます。

ちなみに、シナジーJCBカードでは年会費が10,500円のゴールドカードも用意されており、最低でもガソリンを4円/L、最高では10円/Lも安く給油できます。

天然水も安くできる

昨今目覚ましい行きおいで普及しているウォーターサーバー。自宅まで水を届けてくれる上に、いつでも美味しい水が飲めてとても便利です。何故ここまで人気なのか調べたところ、色々とでてきたのですがどの年代も口を揃えて言ってるのは家に設置するときの手軽さと答えています。水を店で購入すると、1リットルという水を大量に購入する必要があり少しずつ購入しようとしてもお店に何回も通わないといけないのですが、ウォーターサーバーは業者さんが定期的に自宅に水を運んでくれます。

飲みたい時にいつでも飲める状態にあり、ミネラルウォーターよりもコストは低いのも人気の理由です。設置する時に、サーバーを購入するかレンタルするか選べます。購入するとサーバー代と設置する時の工事費、そしてお水代がかかり数十万かかりますがレンタルだと工事費とお水代そしてサーバーのレンタル料で数万円で済むのでレンタルがオススメだと思われます。レンタル料も三千円くらいで、二年間解約はできないのですが使い続ける事を考えればレンタルでも充分です。

また常に冷水やお湯を使う事が出来るので、忙しい主婦にはもってこいの製品です。ほとんどのウォーターサーバーはレンタル契約となり、水を買う契約が多くなっています。最近では多くのメーカーがサーバレンタル代は無料にしており、本当に便利です。届けられる水も天然水が多く、全国の名水を源泉とした水を家庭で楽しめます。中には複数の天然水を用意しているメーカーもあって、気分によって飲み分けることも出来るようになっています。e-water-server.jp